資産運用の始め方を伝授|賢く資産を残そう

マネー
マネー

投資は目的を明確

将来へ備えた資産運用の始め方は、まずは投資目的を明確化し、各金融商品の特徴をしっかりと掴みましょう。その中で、今後購入し運用すべき商品の内容とポートフォリオを大きく異なってきますので、定期的な見直しをしつつ運用する事をお勧めします。

男性

自分の能力に応じた方法

資産運用で大切なのは、自分の経験や能力に応じた始め方を心がけることです。最初は、専門家に任せることができる投資信託などがおすすめです。次第に実力がついてくると、個人で運用したり、集中投資などの方法に移行します。

初心者が資産を増やす方法

男性と女性

3つの基本を決めること

資産運用の始め方で一番大切なことは、目的と期限と目標金額を最初に決めておくことです。この3つを決めておかないで資産運用を始めると、大きなリスクを抱え込むことになります。例えばファミリーの場合は子供の学費のために、子供が小学校を卒業するまでに100万円の資産を作るというように具体的に決めます。シニアの場合は定年後の老後の生活を安定させるために、定年までに500万円の資産を目指すというように年代によって目的が違ってくるはずです。難しいのはシングルの場合です。特に目的がない場合でも、10年後に1000万円の資金を貯めるというように具体的に決めておくことが大事です。このように決めておけば、実際に資産運用の始め方の方向性が定まります。資産運用には色々な方法がありますが、子供の学費が目的の場合はなるべくリスクが小さい始め方を選ぶ必要があります。例えば株で資産運用する時も、長期保有で元本割れリスクのすくない銘柄を選ぶようにします。社債を購入するという方法なども考えられます。シニアの場合は退職金があてにできるので、多少はリスクが高い始め方ができます。例えば投資信託なら分散投資ができるので株よりも安全に運用できますし、利回りも良くなります。思い切ってワンルーム経営といった方法を選ぶこともできます。毎月家賃収入が得られるので老後のためには効果的な資産運用になります。資産運用の始め方で気になるのは準備資金ですが、金額の多い少ないは気にしないことです。資産運用をしようと計画を立てた時点で、可能な資金を割り出すことが重要です。

お金

どの年代にも必要

経済が厳しさを増す昨今では、どの年代でも資産運用をすることは欠かせないものになりつつあります。おすすめの資産運用の始め方は、アセットアロケーションをよく考えて投資を行い、長期的な視点で確実に資産を増やしていくことです。