資産運用の始め方を伝授|賢く資産を残そう

お金
  1. ホーム
  2. 投資は目的を明確

投資は目的を明確

マネー

目的により変わる投資商品

定年を迎えた後の老後生活のため若いうちに投資を始め資産運用を始める人が増えてきていますが、まず資産形成の始め方として明確な目的を持って始める事が重要です。資産運用をする上で、この目的によって購入すべき投資商品は大きく異なり、今度の運用にも大きな影響を与えますのでまずは一度目的を明確化してみましょう。資産運用の始め方として、株、投資信託、不動産、債券等豊富に展開される金融商品の特徴を知る事も重要なポイントです。株は数千円から購入出来るものもあれば数十万円の初期投資が必要な商品もあります。そして、投資信託は初心者にお勧めの商品となっており、日本以外の商品も簡単に購入出来る点が魅力でもあります。不動産は初期投資が高額となり、運用が難しいイメージがありますが、REIT等の投資信託での運用も可能ですので、少ない金額でも不動産への投資が可能です。債券はより安定した投資を目指す人にお勧めの投資商品となっており、こちらも日本以外の様々な国の債券の購入が可能となっています。ここまで見ても各金融商品には特徴があり、期待出来るリターンも異なってきます。始め方としては、安定した運用を目指すのか、もしくは積極的な運用を目指すのかを明確にし、そこから購入する商品を選択していきましょう。資産運用の始め方はこの最初の目的で今後の運用が大きく変わりますので、半年に一度程度は資産運用のポートフォリオを見直す時間を作る事も重要です。